読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空き地を探す

福島白河にあるカフェの室長ブログ

福島第一原子力発電所構内の視察に参加しました

こんばんは、しつちょうです。
2月28日、福島第一原子力発電所構内の視察に参加しました。

オフサイトである楢葉や小高、国道6号沿いに行ったことはあれど、オンサイトである”いちえふ”に足を踏み入れたのは震災6年で初めてでした。

僭越ながら、所感です。

 

まず安心感を覚えたこと

1日6000人の作業員と、年間10,000人の視察者の安全管理を行う東電さんの対応は、終始ルールに則ったものでした。妥協のない規則の徹底した運用は、ここが秩序に則った空間であることを教えてくれ、安心感を覚えました。

構内滞在中の被ばく線量を携帯型端末APD(http://www.tepco.co.jp/life/elect-dict/file/a_019-j.html)で管理するのはもちろんのこと、入構・退出時には身体検査。
なお、私の被ばく線量は1時間半程度の滞在で0.01μSvでした。
 

とはいえ建屋の迫力は凄かったこと

震災で事故に至ったのは福島第一原発の1〜4号機。4つの原子炉建屋(県民にはお馴染み、水色のやつ/http://www.tepco.co.jp/life/elect-dict/file/ge_015-j.html)の状況はそれぞれ迫力ありました。
【1号機】現在建屋を覆っていたカバーは撤去されて、今日は東芝製の遠隔操作クレーンが瓦礫除去のために作動中。初めて生で見る骨組みだけの原発建屋の迫力が凄い。
【2号機】建屋パネルを保全補修したまま、開口部を作るという工事を作業員の方が寒空の下取り組んでいました。大きな建屋だからこそ、作業員の姿の迫力が凄い。
【3号機】見た目に損傷が一番激しく、そして周囲の空間線量も高い。バスで建屋脇を通過するだけ(10数秒)なので、多少空間線量が高くとも身体に影響はないと考えられるのですが、それでも普段見慣れない1500μSv/hという数字を聞くのは結構緊張感がありました。みるみる増える数字の迫力が凄い。
(敷地内の空間線量サーベイマップはウェブで公開/http://www.tepco.co.jp/decommision/news/data/sm/images/f1-sv2-20170224-j.pdf
【4号機】
4号機は一番廃炉作業が進捗していて、使用済み燃料プールから全ての燃料が取り出されています。作業用に建造されたグレーの鉄骨(東京タワー1本分の鉄と言っていた)の迫力が凄い。
 

現場の熱量

これは予想以上でした。今回の一番感じたことです。放射線の管理ルールも、使用されている機材や技術も、現在の科学技術と震災後のリスクマネジメント蓄積の結晶。東電・協力企業・研究機関らの巨大な組織群が投入している人的・知的資源量に圧倒されます。つまり、ここは後片付け(悪く言えば尻拭い)の現場でありながら、新しい技術やイノベーションを生みうる場所なのだと感じました。決してここは後ろ向きではなく、将来性のあるひとつの職場だということです。それこそ、夢のエネルギー原子力発電が、はじめて日本にできるときのような。(当時のことは史料でしかわからないので、これは完全に主観的推測ですが。)
東電以下巨大組織が資源を投資してもなお山積する課題(放射性廃棄物の最終処分や核燃料デブリの取り出しなど)は、事故がいかにシビアなものなのかを語るものです。しかし、浜通りを技術革新の起こる自立的な地域として復興する”イノベーションコースト構想”(http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/list275-1006.html)が、地に足ついた、そして現場のニーズと地域社会の持続可能性に直結するものなのではないか、と視察を通じて考えることが出来ました。
 

最後に

東京電力福島復興本社の石崎さんとの質疑の時間がありました。先日の福島高校生徒による福島第一原子力発電所の視察(http://www.fukushima-h.fks.ed.jp/jo6xrtbdf-28/)について、福島高校の生徒さんの言葉を紹介していただきました。

彼らがフランスを訪れ、現地の高校生と交流した時に、「福島ってどうなっているの?」と聞かれ、何も答えることができなかった。悔しく思った。そのときに、福島県人として、原発を見てみたいと思うようになった。

 

以上のような趣旨でした。
 
原発から山地を挟んで50km以上離れた中通りに居住する10代であっても、県外に出れば「福島出身者」です。「福島ってどうなの?」という問いに、確固たる回答があるとは思えませんが、それでも自身の言葉で、自身の地域を(そこで起きている世界史的事件を)語ること。それは、責務であり、自覚であり、保身であると思います。
 
真偽と実態は報道を通じてしかわかりませんが、現在でも避難者いじめがあるという報道(例えば:http://www.huffingtonpost.jp/nobuto-hosaka/fukushima_b_13000030.html)が相次いでいます。地域出身者が、自身の地域について語る言葉を持つことを、もっと支援していきたいと思う次第です。
 
さらに最後に、参考書をあげておきます 。本を買うほどでもない、という方にはハフィントンの記事もわかりやすいです。
福島第一原発廃炉図鑑

福島第一原発廃炉図鑑

 
  
いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)

 
 

古民家リノベーション vol.03 押田製材所に遊びに行く

こんにちは、しつちょうです。

築70年超の空き家を、2015年の冬に見つけました。

廃墟をリノベーションしてカフェにするべく、準備を重ねます。

リノベで大切にしたいこと

いろいろな先駆者の視察を重ねた結果、コミュニティ・カフェ EMANONのリノベーションで大切にしたいことを3つ決めました。

1,「福島県の素材にこだわる」
2.「自分たちでやる」
3.「みんなでつくる」

今回は(1)にまつまる話。

林業とふくしま

福島県林業が盛んな県です。県土の7割が森林で、森林面積は全国4位です。
特に、県南地域の久慈川流域、いわき市の鮫川流域では、特にスギ林が古くから造林され、国内有数の産地になっています。(参考資料:森林・木材と放射性物質 福島の森林・林業再生に向けて

その一方で、林業資源に恵まれつつも、その恩恵に直接触れる機会は多くありません。福島県といえども、一般的に市民が木材を購入するところは、ホームセンター。外国産材・国産材共に、産地のよくわからない木材を購入することが多いです。

押田製材所へ

カフェのリノベーションでは、どうしても福島県産の木材を使いたい!

ということで、矢祭町にある押田製材所に遊びに行きます。

 

(↑だいたい毎日、おはようご材木♫という挨拶をしてくださるFacebook

ここでは、イケメン社長さんが木材をガイドしてくれたり

f:id:morgen3ed:20150728155833j:plain

社長夫人と製材所ガール(2歳)が相談に乗ってくれたりします。

f:id:morgen3ed:20150728160012j:plain

もちろん製材所なので、木材は建築資材になる角材から、

f:id:morgen3ed:20150926132312j:plain

家具に使えそうな耳付きの無垢材、

f:id:morgen3ed:20150926143242j:plain

製材された一枚板まで揃っています。

f:id:morgen3ed:20151031140527j:plain

木材を扱う業者さんはもちろんのこと、一般家庭のリフォームの相談もできるショールームもあります。

しつちょうのような素人の、「福島県産の木材使いたいんだけど。。。」というあまりにふわっとした相談にも、乗ってくれました。

そんな製材所は福島県矢祭町の中心市街にあります。

ショールームはいつでも気軽に訪れることができますし、製材所で木材を買いたい!という相談にも乗っていただけますので、興味のある方はぜひ訪ねてみてください。

PR*押田製材所第27回大展示即売会

その押田製材所さんでは、2016年9月24日にイベントが開催されます!

その名も「押田製材所第27回第展示即売会」。

f:id:morgen3ed:20160923211746j:plain

イチョウの無垢のまな板から、3メートル超級の一枚板銘木まで、なんでも揃うイベントです。

f:id:morgen3ed:20160923211756j:plain

↑こんな記事を書きつつも、初心者には足の運びづらい”製材所”ですが、24日は製材所のみなさんが誰でもウェルカム!な空気でお出迎えしてくださります。

木の香りのする空間は、リノベ初心者には非日常的で刺激的。

ふくしまの木材に触れられるチャンスなので興味のある方はぜひに!来場者プレゼントもあるそうです♪

《ライター業》白河市周辺の紅葉デートスポット

こんにちは、しつちょうです。

普段はカフェのマスター役ですが、フリーランスのライターとしても働きます。

今回は、JR東日本・びゅうのパンフレットで、福島県白河市周辺の紅葉デートのページのライティングをしました。ああ、デートしたいデート(何)

白河市周辺の紅葉といえばまずは南湖公園

f:id:morgen3ed:20151106121736j:plain

(↑ラクラスしらかわさん提供)

名物南湖だんごと、暖かいお茶を嗜みながらの散策がよいでしょう。ボートでいちゃつくのも可。

さわやかにお忍びデートに・聖ヶ岩ビジターセンター

f:id:morgen3ed:20160914111213j:plain

(↑聖ヶ岩ビジターセンターさん提供)

半径3kmにまったく民家のない国有林の真ん中で、雑木林の色とりどりの紅葉に触れられます。

よく言えば手付かずの自然、悪く言えばひと気がない場所なので、プライベートでお忍びなデートにいかがでしょう。ボルダリングでさわやかな汗を流してもいいですよ! 

 

紅葉に囲まれた露天風呂とセットで楽しみたい甲子大橋

f:id:morgen3ed:20160914112159j:plain

甲子大橋と、その先の甲子トンネル、場所はここらへんです。

ここは是非レンタカーで通り抜けたい。紅葉に吸い込まれるようなトンネルです。

遊歩道名木、そして最高の温泉もあるので、清秋のデートにオススメです。隣に掲載させていただいたますつり公園でランチもいいですね。

ということで、福島県+首都圏を中心に取材やライティングの仕事承ります。お問い合わせお待ちしております!

パンフレットは首都圏のJR東日本びゅうぷらざで配布

f:id:morgen3ed:20160914113005j:plain

白河でも郡山でも福島市でも、南東北のデートはぜひびゅうで。(PR)

見かけたら手に取ってみてくださいね。しつちょうの担当ページは23ページです。

f:id:morgen3ed:20160914113211j:plain

 

古民家リノベーション vol.2 先駆者たち

こんにちは、しつちょうです。

築70年超の空き家を、2015年の冬に見つけました。

廃墟をリノベーションしてカフェにするべく、準備を重ねます。

10年代のトレンドはセルフリノベ?

そもそもリノベーションとは…

リノベーションとは編集

  • 建物を大幅に改修すること。 古い建物を新しい状態に戻すことではなく、建物に新たな付加価値を与えることを目的とする。リフォームとの明確な定義の違いはないが、一般に大規模な設備更新や間取り変更などを伴うものをリノベーションと呼ぶ。 オフィスビルを.. 続きを読む
  • このキーワードを含むブログ (今週 6 件) を見る
 

建物に新たな機能や価値をつけるような、大規模なリフォームです。

さて、このリノベーションですが、素人がDIYで取り組むスタイルが2010年代のトレンドとされています。例えば、2014年末のリクルート社のレポート曰く

2015年のトレンド予測を発表 | リクルートホールディングス - Recruit Holdings

“できる工事は「自分たち」で行い、多少の失敗はご愛嬌で、「作るプロセス」を重視し”

2016/09/12 16:50

プロが行うより、自分たちで!なリノベーションが流行ると。(リクルートが流行らせたかった「リノベパーティ」なる言葉は流行りませんでしたが…)

実際、私自身もセルフリノベーションやセルフDIYの案件をいくつか見ていた故に、セルフリノベに抵抗はありませんでした。 いろいろなところで目にしていたので、私たちのまちでも取り組んでみたいなと考えていました。

セルフリノベな唯一無二の空間4選

セルフリノベーションの好きなところは、その空間は二度と再現不可能である、という点です。完璧な図面と建築士はいないかもしれませんが、その時代、その瞬間にしか成立しない空間が生まれると思っています。

ということで、私が参考にした空間を4つ、紹介します。いってみよー!

築100年超の古民家カフェ、daigo cafe(茨城県大子町

まずはカフェ。茨城県大子町にあるdaigo cafeは、オーナーの笠井さんたちが自らリノベーションした築100年超の空間です。

f:id:morgen3ed:20160912173858p:plain

 (↑daigo cafeウェブサイトよりキャプチャ)

daigo-cafe.net

場所は大子町の中心市街地。築100年の古民家が、いつでもお茶や奥久慈りんごのパイを楽しめる空間になっています。

f:id:morgen3ed:20160310145915j:plain

古いガラス製の建具から入る光が暖かいです。

東京都心の街の縁側、芝の家(東京都港区)

芝・増上寺から歩いて数分。古民家をリノベしたコミュニティ・スペースが「芝の家」です。

f:id:morgen3ed:20160912175018j:plain

ここは実は以前にShirakawa Weekとして視察を行った場所。

長年使われていなかった家なので掃除やリノベーションが必要でしたが、左官屋さんを招いて「珪藻土を塗るワークショップ」や大工さんを招いて「家具作りワークショップ」など、その工程も研究の一環にしてしまい、自分たちの手で場をつくっていきました。

greenz.jp

都心のど真ん中で、靴を脱いでくつろげる空間はまさに街の縁側。板張りの床が気持ちいです。ひっきりなしにいろいろな方が出入りしていて、新しい出会いや発見があります。

日本堤の上のアートスペース、space dike(東京都台東区

space dikeは、写真家の畔柳さんが運営している自主ギャラリーです。

f:id:morgen3ed:20160912175543p:plain

 

(↑space dikeウェブサイトよりキャプチャ space dike: about us

築30年以上の下町の工場が、時には写真、時には音楽、時にはインスタレーションの展示会場になっています。

駅から10分以上離れた東京の下町で、抽象的な作品と向かい合う、不思議な体験ができます。2階にある畔柳さんの本棚も眺めていて飽きません。

You Tubeにリノベーションのプロセスが記録されています。dikeさんのブログにも記録があるので、勉強になります。

オープンは不定期(展示のあるときのみ)ですが、お近くに行かれた際はぜひ。

IT企業なのにくつろぎ空間、我楽田工房(東京都文京区)

4番目に紹介するのは、IT企業のオフィスです。

f:id:morgen3ed:20150828181212j:plain

f:id:morgen3ed:20150828183917j:plain

およそIT企業らしからぬ風景ですが、これは私がイベントに参加したときの様子。

garakuta.tokyo

ここはITベンチャーBono Incさんのオフィス兼コミュニティ・スペースなのです。

東京・文京区関口にあるコミュニティ・スペースは、
「地域をつなぐ拠点。ファンをつくり、ファンと共につくる場所。」として
2014年7月にオープンしました。

印刷工場だった場所を多くの人に呼びかけ、
子供から大人まで、ほぼ素人だけで改装して作りました。

天井を高くするためみんなで壊したり、
壁や天井や床をペンキで塗ったり、
引っ越しもレンタカーを借りて運び入れました。

garakuta.tokyo

セルフリノベーションをしているIT企業って聞いたことありませんが、地域をつなぐIT企業っていうのもあまり聞いた事がありません。

随時、さまざまなイベントをやられていて、文京区の人、あるいは京都の人、あるいは島根の人、と、いろんな人と出会える場所です。

10年代セルフリノベーションとは

参加する世代も場所も幅広く、使用目的も自由。

お金がないからセルフで、という事情ももちろんあります。

ただ、人や組織が空間に求めるものを、余すところなく実現したいから、セルフリノベーションという手段を選んでいる方が多いと感じています。

ということで、諸先輩方の実践を参照させていただきつつ、リノベーションのやり方を考えていきます。

…ということで、続きます!

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

しつちょう
(実際のカフェはこちら。)
 

《矢吹》あつあつぬるぬる・あゆり温泉

 

温泉カウンター100

こんにちは、しつちょうです。

2016年、100回温泉に入るというチャレンジをしています。

9月4日現在、61回入ってます。

ルール

 

  • 公共の湯船に浸かる=1回とカウント。
  • 同じ日でなければ、同じ温泉に複数回入ってもカウント。
  • 温泉の他、鉱泉、スパ、銭湯も1回とカウント。

 

ゆるゆるゆるなルールですが、平均して3.5日に1回はお風呂に入りにいかねばなりません。

ということで、温泉好きのしつちょうが、入った温泉を随時ご紹介。

 

あゆり温泉

あゆり温泉の独断と偏見によるレビューはこちら。

  • ぬるぬる度☆☆☆
  • 民度☆☆☆
  • 熱々度☆☆☆
  • しつちょう入浴回数3回:3/100(1月12日) 5/100(4月23日) 51/100(7月9日)

はっきり言って、あゆり温泉はちょっと変です。泉質は泉崎さつき温泉にも似ていて、源泉かけ流し。アルカリ性単純温泉で、ぬるすべ。

泉崎との違いと言えばその源泉温度で、52.7℃の源泉がそのまま浴槽に

真夏も真冬もあっつあつです。

f:id:morgen3ed:20160828224133p:plain

(▲あゆり温泉ウェブサイトよりキャプチャ)

熱め好きなら泉質も十二分で、気持ちいいのですが、少し変、と思うのはその雰囲気。

一昔前の公共プールみたいな空気が流れています。タイル張り、そしてバカ高い天井。

圧巻なのは露天風呂で

f:id:morgen3ed:20160828224514p:plain

どうです、このいさぎよさ。

古風とか、ヴィンテージとか、自然とか、アーバンとか。

そういうものを全てすっ飛ばして、飾らない建築資材だけで構成された露天風呂なのです。

普段の、着飾った自分を捨てて、お湯につかりたい方にオススメです。

おとな400円の圧倒的コスパもいいです。

ちなみにロッカーやベンチなど、室内の備品もいたって普通の公共プールのよう。ひとりで行くにはもってこい?ですが、特別なゲストと行くのはやめたほうが無難かもね。

データ・アクセス

あゆり温泉
福島県西白河郡矢吹町八幡町442
TEL:0248-42-2615
URL:http://www.ayuri-yabuki.org/

日帰り入浴 OK
営業時間:AM9:00~PM21:00
定休日: 毎月第4火曜日
料金:おとな400円
メモ:シャンプー、ボディソープ、ドライヤー、ロッカーあり。
 

《泉崎》500円で源泉かけ流し。湯の花を浴びる露天。

 

温泉カウンター100

こんにちは、しつちょうです。

実は今年、2016年、100回温泉に入るという無茶なチャレンジをしています。

ルール

 

  • 公共の湯船に浸かる=1回とカウント。
  • 同じ日でなければ、同じ温泉に複数回入ってもカウント。
  • 温泉の他、鉱泉、スパ、銭湯も1回とカウント。

 

ゆるゆるゆるなルールですが、平均して3.5日に1回はお風呂に入りにいかねばなりません。でも、福島は温泉大国。「130以上もの温泉地と770を超える源泉を有する」

fukuyaesu.blog63.fc2.com

らしいです。温泉スタンプラリーというのも開催されています。

fukumeguri2016.jp

東京や大阪でのチャレンジよりは、達成しやすいかな?

ということで、温泉好きのしつちょうが、入った温泉を随時ご紹介。

 

泉崎さつき温泉

泉崎さつき温泉の独断と偏見によるレビューはこちら。

  • ぬるぬる度☆☆☆
  • 雰囲気☆☆
  • コスパ☆☆☆
  • 適温度???
  • しつちょう入浴回数4回:19/100(3月3日) 28/100(4月15日) 39/100(6月2日) 59/100(8月22日)

はっきり言って、泉崎はおすすめです。源泉かけ流しの温泉。アルカリ性単純温泉なので、ぬるすべな感触を楽しめます。かけ流しはよく聞きますが、加温・循環も一切なし、まで来るとその数は限られます。

f:id:morgen3ed:20160826211715p:plain

(▲泉崎さつき温泉ウェブサイトよりキャプチャ)

かけ流しの証拠に、源泉43.5℃のお湯は、夏は少し熱く、冬は少しぬるい。逆の方がよい、とも思うところをこらえつつ、そこは湧出したお湯に浸かっているんだ、という想像力で補いましょう。

入湯料500円にもかかわらず、木造の屋根や脱衣所は雰囲気があり、内湯・サウナ・露天と揃っていて、清潔感も◎。遊びに来てくれたお客さんにもおすすめできます。泉質もぬるぬる系なので、温泉に入っている気分はばっちりです。

想像力で補え、と言いつつ、やっぱりおすすめは夏。冬はやっぱりちょっと露天がぬるい…(^_^; 

湯上がりの田んぼは風が通ってよいです。湯上がりにはビンの酪王牛乳で。

f:id:morgen3ed:20160602163429j:plain

データ・アクセス

泉崎さつき温泉(泉崎カントリーヴィレッジ内)
福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字笹立山12
TEL:0248-53-4211
URL:http://www.izumizaki-cv.com/index.html
日帰り入浴 OK
営業時間:AM9:00~PM21:00
料金:おとな500円
メモ:シャンプー、ボディソープ、ドライヤー、ロッカーあり。
 

古民家リノベーション vol.1 空き家をみつける

こんにちは、しつちょうです。

築70年超の空き家を、リノベーションしてカフェを作りました。

リノベーションとは

そもそもリノベーションとは…

リノベーションとは編集

  • 建物を大幅に改修すること。 古い建物を新しい状態に戻すことではなく、建物に新たな付加価値を与えることを目的とする。リフォームとの明確な定義の違いはないが、一般に大規模な設備更新や間取り変更などを伴うものをリノベーションと呼ぶ。 オフィスビルを.. 続きを読む
  • このキーワードを含むブログ (今週 6 件) を見る
 

建物に新たな機能や価値をつけるような、大規模なリフォーム。厳密に定義があるわけでもありませんから、単に大規模リフォームという理解でもOKでしょう。

リノベーションは、単に

・既存の建物を使うことができる(空き地がなくてもよい)

・新築よりも低コスト

・新築よりも入居者によるアレンジが容易

などのメリットがありますが、

なにより、古い建築物を活かすことができる!というのが新築にはない魅力。

経年で深い色になった木材や、建築時の剥き出しの梁など、新築では再現不可能な要素をそのままに、用途に応じて改造ができるのが、リノベーションのなによりの魅力です。

空き家をみつける

ということでまず、リノベーションをする空き家を探さねばなりません。

全国どこの自治体でも、空き家は課題になっているので、建築・都市計画関係の自治体窓口では、空き家探しを手伝ってくれるところが多いようです。

白河市でも、中心市街地の居住人口を増やすために、情報提供をしてくれていますので、しつちょうもまずは白河市役所と相談して、カフェにできそうな物件を探しました。

そこでみつけたのが、こちら。

f:id:morgen3ed:20160817124236p:plain

いカフェの外観はまったく変わっているんいるんですが、Googleストリートビューは現在(16年8月)でも、15年7月の写真が使われているので、リノベ前の姿を確認することができます。

空き家を眺める

この空き家の中は、こんな感じでした。

f:id:morgen3ed:20160817125218j:plain

見取り図。

f:id:morgen3ed:20150408104910j:plain

サッシをくぐってすぐ正面から。

全面に貼られたプリント合板と、よくある天井ボードに蛍光灯。

この部屋は昔、茶葉を販売するお店として使われていたそうです。

f:id:morgen3ed:20150408103040j:plain

部屋左側もプリント合板。青い有孔ボードも目立ちます。

f:id:morgen3ed:20150408104920j:plain

 入って2部屋目。

f:id:morgen3ed:20150928113751j:plain

掘りごたつ。畳も下地も腐ってる…

f:id:morgen3ed:20150928113952j:plain

入って3部屋目。土壁がぼろぼろで、触ると崩れます。

 

f:id:morgen3ed:20150928113831j:plain

入って左手のキッチンのあった部屋。老朽化したアルミの天板がきちゃない…

f:id:morgen3ed:20150408103723j:plain

庭。左手の建物は外壁に大きな穴が空いていて、雨漏り。

f:id:morgen3ed:20150408105244j:plain

2階の床の間。ここも土壁がヒビになっていて、触ると崩れます。すでに崩れているところも。

この物件、白河市の中心市街地にあり、徒歩でもJR白河駅からアクセスしやすい。築年数も古くて、ところどころの柱や梁の色が素晴らしい…けど、ここから、なにから改築をはじめればいいのか?

…続きます!

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

しつちょう
(実際のカフェはこちら。)